釣りで雨の日や雨が降った次の日は釣れるの?雨の日は釣れすくなる⁈

雨の日や雨が降った次の日でも魚は釣れる!

結論から言ってしまうと、雨の日や雨が降った次の日でも魚は釣れます。

多少の雨と風なら魚にはあまり影響がないと言われていて、逆に雨が降っている日のほうが魚が釣れやすくなる場合もあるのです。

なぜ雨が降ってもあまり魚に影響がないのかというと、海に雨が降っても雨の水(真水)は海水よりも比重が軽いので海の表面に溜まるだけなので海中にいる魚にはあまり影響がないのです。

雨の日で影響があると言われているのが川から海に流れる河口付近です。

河口付近は強い雨が降ると山から川に川から海に多くの淡水(塩分を含まない水)が流れこむので塩分濃度が薄くなるので淡水の環境で生きていけない魚は河口付近から海の深い場所に移動すると言われています。

河口付近の海に多くの淡水が流れ込んでも影響がない淡水が大丈夫な魚もいます。

その魚はシーバス(鱸)やクロダイ、ハゼ、ボラ、ウグイ、ウナギなどの魚です。

なので、台風や強い雨が降って海に大きな影響を及ぼす場所以外なら雨が降ってる日や雨が降った次の日でも魚は釣れます。

実際に雨の日に釣れた黒鯛の画像です。

雨の日や雨が降った次の日に魚が釣れやすくなる理由についていくつかあるので紹介したいと思います。

雨の日や雨の次の日のが釣れすくなる理由

暗さや濁りで魚が騙されやすくなる

雨の日や雨が降った次の日だと暗くなって水も濁りますよね。

よく見えないからこそ釣り人にとっては悪条件のように思えるかもしれませんが、逆に魚からも人間の姿やルアー、ラインが見えにくくなります。

そのため、魚が騙されやすくなります。

また、暗くなり、水が濁ることによって魚もまぶしさを感じにくくなり、自由に動き回るようになります。

黙れやすくなっている魚が自由に動き回るのですから、釣れる可能性もアップしてくるのです。

鳥が狩りをしなくなるので魚も油断する

魚にとっての天敵のひとつが鳥です。

実際に、鳥が魚を狩っているシーンというのは画像でも動画でもよく見かけますよね。

ただ、雨の日や雨が降った次の日というのは水中の様子がわかりにくくなるため、鳥もあまり積極的には狩りをしなくなります。

魚は雨の日や雨が降った次の日だと天敵である鳥があまり積極的に狩りをしないことを知っていますので、いつもよりものびのびと過ごすようになります。

要は、雨の日や雨が降った次の日だと鳥が狩りをしない分、魚が油断するのです。

魚が食いだめをしようとする

激しい雨の日や激しい雨が降った次の日だと、雨や風によって水が混ざり、ひどく濁ってしまうこともありますよね。

そういった場合、魚の視界が悪くなってしまうだけではなく、魚が酸素不足の状態になってしまうこともあります。

魚にとってはまさに命の危機ですから、こういったピンチのときに食いだめをしようとする可能性があります。

そこに釣り人の垂らした餌が投げ込まれれば、ここぞとばかりに魚は食いつくでしょう。

そのため、普段よりも雨の日や雨が降った次の日のほうが釣れやすいということもあるのです。

そもそも釣りに行く人が少ないから釣り場を独占できる

釣りを趣味にしている方の中で、「雨の日や雨が降った次の日の釣りが大好き!」という方はそうそういないと思います。

というのも、雨の日だと視界も悪くなりますし、雨が降った次の日だと地面がぬかるんでいることもあります。

そういったことを考慮しての装備になりますので、持っていく道具も多くなってしまうでしょう。

そのため、雨の日や雨が降った次の日に釣りへ行く人というのは少ないんですね。

つまり、雨の日や雨が降った次の日だと普段は釣り人がひしめき合っているような場所でも自分ひとりで独占できる可能性があるんです!

また、普段たくさんの釣り人が集まってくる釣り場であればあるほど、魚たちは人間たちからのプレッシャーを感じているものです。

ですが、雨の日や雨が降った次の日に釣り人が少なくなると、魚たちも解放的になります。

魚たちの警戒心も緩みますので、そういった部分でも釣れやすくなると言えるかもしれませんね!

・雨の日や雨が降った次の日でも魚は釣れるけど釣り人は注意が必要!

雨の日や雨が降った次の日でも魚が釣れるのにはきちんと理由があります。

ただ、だからといって絶対に釣れるというわけではありませんし、雨の日や雨が降った次の日だからこそ釣り人は注意が必要になります。

というのも、雨の日や雨が降った次の日というのは足元が滑りやすくなりますので、怪我をしたり、落水してしまったりする可能性も高まるんです!

最近では水難事故なども多くなっていますが、河川の増水や鉄砲水、海の高波などにも注意しておかなければいけません。

雨の日や雨が降った次の日は釣り人も少なくなりますので、何かあったときに誰にも気づいてもらえないという可能性もあるわけです。

雨の日や雨が降った次の日でも魚は釣れますし、場所や魚の種類によっては雨の日や雨が降った次の日のほうが釣れるということもあります。

ですが、その分、リスクも高まるということを忘れないでください。

十分に注意をして、万全の体制で雨の日や雨が降った次の日の釣りを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です